薄毛で悩む女性のためのヘアケア美容

パーマのかけすぎは髪を傷める?

「髪の毛で遊ぶのが好きで結構短いスパンで色を変えたりパーマをかけてるんですが、この前母親から「ちょっとパーマかけすぎじゃない? 髪の毛すごく痛んでるわよ」って言われてちょっと抑え気味にするようにしました。
自分でもシャンプーのときに髪の毛がごわついたりしてたから髪の毛が傷んでることは分かってたんですけどね……

でも髪の毛って別にパーマとかかけすぎて傷んでも抜けやすくなるとかってことはないですよね?

パーマかけ始めてから抜け毛が増えたなーとか薄毛があるなーとかって思ったこと一度もありませんし。

けど、ネットとか見てみると「パーマをしてハゲたwww」とかって書かれてるじゃないですか?

それに髪が傷み過ぎると抜け毛とか薄毛になりやすいって母親にも言われたし……

一体どっちが正しいんですか?

パーマのしすぎは抜け毛・薄毛の元になったりするんですか??」

髪の毛で遊ぶ女性は多いです。

それこそ毎月ヘアカラーで髪を染める女性は大勢いますし、毎日のように家庭用アイロンで髪の毛を巻く女性は2人に1人と言われています。

今や髪の毛をそのままにしている女性なんていないと言っても差し支えない世の中と言っても過言ではありません。

しかし、髪の毛で遊んでいる時に気になってくるのが抜け毛や薄毛への影響です。

特にパーマは髪の毛へのダメージが大きいため抜け毛・薄毛にならないかどうかを心配している人は多いのです。

パーマの髪へのダメージ

パーマは抜け毛・薄毛を加速させてしまうのでしょうか。

結論から言えば「パーマは抜け毛・薄毛の原因にはなりません」

美容室で使われているパーマ液は抜け毛・薄毛の原因となってしまうほどの強い薬剤ではありませんし、家庭用の薬剤ならなおさら高い安全性が保障されています。

自分でパーマを行った場合、「パーマ液が大量に頭皮に付着する」ことで少しの抜け毛が生じることはあるかもしれませんが、それでも多くの抜け毛が出て薄毛になってしまうなんてことはありえないのです。

注意することがあるとすればパーマをかけること自体には抜け毛・薄毛の原因となることはありませんが、パーマをかける頻度が多かったり、パーマ前後のヘアケアを怠っていると抜け毛の原因となってしまうことがあるということです。
そのため、髪の毛や頭皮環境の衛生面には気を付けましょう。

それでもパーマが原因で抜け毛が増えたと感じたときは

パーマをかけても抜け毛・薄毛が増えることはありません。

しかし、パーマをかけたことが原因としか思えないタイミングで抜け毛が増えて薄毛になってしまったと嘆いている人は大勢います。

これは何が原因なんでしょうか。

考えられる原因は3つあります。

  • ストレスや不規則な生活
  • 円形脱毛症や皮脂汚れ
  • パーマや縮毛矯正をしてすぐに再度パーマや縮毛矯正をした

パーマが原因で抜け毛が増えたと感じたのならこの3つを疑ってみてください。

よく勘違いされがちなのが3つ目の「パーマや縮毛矯正をしてすぐに再度パーマや縮毛矯正をした」ことによる抜け毛は抜け毛ではなく切れ毛です。

結論としては「パーマが原因で抜け毛・薄毛が増えることはないが、それはしっかりとヘアケアをしている場合の話」ということです。


このページの先頭へ