薄毛で悩む女性のためのヘアケア美容

女性の髪の毛は季節で変わる

当サイトを見ている女性にお聞きします。

「季節によって髪の毛のお手入れの方法は変えていますか?」

「そもそも、季節によって髪の毛の状態は変わってくるということはご存知ですか?」

某コスメブランドのアンケートによるとこの2つの質問に「Yes」と答えた女性の人の数は3割にも満たなかったとのことです。

 

驚くことに、年中、髪の毛や頭皮のお手入れの方法を変えない人が、かなり多いのです。

年齢に応じてヘアケアの仕方を変える人でさえ、季節ごとにヘアケアの方法を変えることは珍しいです。

しかし、ハリやコシ、キューティクルがしっかりとした髪の毛やそれを支える頭皮をずっとキープしたいのなら季節ごとにヘアケアの方法を変える必要があるんですよ。

ということで、今回は特に影響がある夏と冬のヘアケアの方法を紹介しちゃいます。

夏のヘアケアはUVカット第一!

夏といえば紫外線がもっとも強い季節。

そのため、女性は誰でも日焼け肌になることを防ぐUVカットをするのだけれど、髪の毛のUVカットにまで気を配っている人は少ないです。

では、なぜ髪の毛の紫外線対策もしないといけないのでしょうか?

それは紫外線が髪の美容成分を刺激しキューティクルを破壊してしまうからです。

キューティクルがはがれた髪の毛はパサパサで切れやすいダメージヘアになってしまいます。

日光を浴び続けると髪の毛が熱くなってきますよね?

その状態が続くとどんどんキューティクルは破壊されてしまうのです。

また、紫外線を浴びすぎると頭皮も焼けてしまうのでヘアサイクルも大きく乱してしまいます。

髪の毛のUV対策の方法を紹介します。

夏場、外に出るとき(特に一番日差しが強い11時~15時あたり)前に軽くUVカットができるイオントリートメントを髪につけることで髪の毛を紫外線から守ることができます。

また、帽子をかぶることで髪の毛と頭皮の両方をUVカットできますが、帽子はかぶりすぎてると中が蒸れて逆にヘアサイクルを乱しかねないので注意が必要です。

冬のヘアケアは乾燥に要注意

冬は何かと乾燥しがちな季節なので十分な保湿をしないと美容をキープできないものです。

実はこの乾燥、肌だけでなく髪の毛や頭皮にもダメージを与えるということは知ってましたか?

健康な髪の毛は常に適度な水分を含んでいます。

その水分がないと髪の毛はパサついたりキューティクルが剥がれたり抜けやすくなったりしてしまうのです。

また、水分を含んでいるのは髪の毛だけではありません。

頭皮は髪の毛と同じかそれ以上に水分が大切で、外からの刺激から肌とその内側を守るためのバリアの機能を果たしています。

しかし、その頭皮の水分が乾燥してしまうとフケ、かゆみ、炎症が起きてしまいますし、この状態の頭皮だと育毛・発毛を邪魔してしまい抜け毛と薄毛を加速させてしまうのです。

髪の毛・頭皮の乾燥対策は簡単です。

まず冬場は暖房だけでなく加湿器もしっかりと使うようにしましょう。

次に乾燥すると皮脂が剥がれてしまうため、それを防いでくれる育毛シャンプーを率先として使うようにしましょう。

最後はシャンプーをしたあとのドライブロウのし過ぎに注意するようにしましょう。

たったこの3つのことを守るだけで冬の髪の毛・頭皮が乾燥することを防ぐことができるのです。


このページの先頭へ