薄毛で悩む女性のためのヘアケア美容

10代・20代・30代の女性のための薄毛・抜け毛対策

最近、10代や20代といった若い年齢層の女性が抜け毛・薄毛に悩むことが増えてきたということはご存知ですか?

かつて抜け毛・薄毛は歳を重ねた人だけの症状だったのですが、ここ十数年の間に若年層にもかかわらず抜け毛・薄毛になる人が急激に増えてきたのです。

では、なぜ10代や20代で薄毛になる人が増えてきているのでしょうか?

それは「ストレス」「無理なダイエット」「過度のヘアアレンジ」の3つが原因です。

ストレス

10代から30代にかけて女性に求められるものがどんどん増えてくると同時に、周りの人との付き合い方も歳を重ねるごとに変わっていきます。

このせわしない日常は女性にとって大きなストレスとなることが非常に多いのですが、ストレスは頭皮に流れる血管を細くしてしまうので髪の毛は勿論、頭皮環境をも悪くしてしまうのです。

無理なダイエット

10代から30代の薄毛や抜け毛の原因で一番多いのがコレ、無理なダイエット。

この年齢層の女性はとにかく「痩せなきゃ」という一種の強迫観念じみたものにとらわれていることが多いのでそれがストレスとなって抜け毛・薄毛を加速させます。

また、ダイエットの方法で食事を制限するダイエットを選ぶと髪の毛や頭皮に十分な栄養がいかなくなるのでさらに抜け毛・薄毛を加速させます。

過度のヘアアレンジ

女性の一生の中で10代や20代はお洒落への関心が一番高い時期と言っても過言ではありません。

だから、髪を染めたり、パーマをあてたり、脱色したり、しばったり、結んだり……と色々なヘアアレンジをしてしまいがちですが、髪の毛をいじりすぎると頭皮にも髪の毛にもダメージを残してしまうので薄毛・抜け毛の原因になってしまいます。

どれも軽く注意すれば未然に防げるようなものばかりなので、少し頭頂部やつむじ、他人の目線が気になるようになったら、生活態度を見直してみて反省点があればそこを改善することが重要です。

逆に言えばストレスの管理、ダイエットの方法の選び方、ヘアアレンジの方法さえ間違わなければ10代・20代・30代で薄毛や抜け毛になる確率はかなり低くなるということです。

40代・50代・60代以降の女性のための薄毛・抜け毛対策

40代を過ぎると男性だけでなく女性も急激に抜け毛や薄毛に悩むようになってきます。

女性は完全に髪の毛が抜けきることはないけれど、それでも髪の毛のボリュームは確実に減りますし、手で髪の毛をすいたときに指と頭皮の触れる機会が増えてきます。

そして、女性はそんな自分を恥ずかしく思いますし、なんとかしてその状況を抜け出したいと思うものです。

けれど、40代以降の抜け毛や薄毛の原因は若い頃とは全然違うので気を付ける必要があります。

40代・50代・60代以降の抜け毛・薄毛の主な原因は「更年期障害」「ホルモンバランスの乱れ」「老化・加齢」です。

更年期障害

40代以降の女性が陥りがちなのが更年期障害。

更年期障害は体や精神に色々な悪影響が出てくるので敬遠されがちですし、なんとか症状を軽くしようと多くの方法が考えられています。

実はこの更年期障害は頭皮や髪の毛の健康状態にまで悪影響を及ぼすということはご存知でしたか?

更年期障害への対策はどれも歳を重ねても若かった頃の自分をキープできるように励むことが大事なので覚えておきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

40代や50代ともなると体の中のホルモンバランスが大きく乱れてきます。

特に女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの動きが活発化してしまうと薄毛や抜け毛になる確率はぐっと大きくなります。

また、ホルモンバランスの乱れは抜け毛や薄毛だけでなく白髪をも加速させるから注意したいところです。

老化・加齢

体内のホルモンや更年期障害に気を付けていても単純に歳を重ねるだけで薄毛や抜け毛になることも十分にあり得るのです。

体に十分な栄養がないと頭皮や髪の毛は弱ってしまい、結果として抜け毛・薄毛が増えてしまうのですが、老いると代謝が悪くなるので栄養不足になりやすくなってしまうのです。

若い頃と比べれば40代や50代の抜け毛・薄毛は防ぎきれないものが多いですが、対策としてはエイジングケアに努めることが最善だと当サイトでは判断しています。

エイジングケアの中にはもちろん、育毛剤や育毛シャンプーを使うことも含まれるので髪の毛に良いことをどんどんしていきましょう。


このページの先頭へ